カッコいい!ガンダムのフリー素材が使えるよ >>

【第353話】入社してすぐ辞める方法を解説、すぐでも退職・転職は可能です

入社してすぐ辞める方法や条件について解説しています。

退職が良い・悪いという観点ではなく、現実的な可能な方法・流れを解説します。

入社してすぐに「ここで勤務し続けるのはどうしても難しい」と感じた人だけが参考にしてください。

スポンサーリンク

入社してすぐ辞めるのは可能

入社してすぐ辞めることに理由は要らない

退職理由は法的な必須要項ではないので、すぐに辞めるからと言って絶対に理由を用意しなければいけないことはありません。よって、「一身上の理由」で押し通すことが可能です。

どうしても理由が必要な場合、嘘をつくこともできるのですが、入社してすぐのタイミングなのでヘタに嘘をつくよりは「合わない」「耐えられない」「申し訳ない」などのリアルな理由を素直に伝えた方が良いでしょう。

実際に入社してすぐ辞める人はいる

現実問題として入社してすぐに辞める人は多々います。

一方、「入社してすぐに辞めるのは止めよう」「すぐに辞めるのは良くない」「履歴書に傷がつく」と言う人もいます。

双方の意見がありますが、どちらが良いか?となると「すぐ辞めたからといって良い・悪いということは無い」となります。

早期退職はネガティブに見られがちですが、すぐに辞めたくなるほど自分にとってマッチしない職場環境だったのであれば、無理に我慢している方がご自身の人生にとってマイナスが大きいです。

辞めた後にご自身が何をどうするか?どう感じるか?が大事なのであって、すぐに辞めたらといって=ダメ、ということはあり得ないです。

転職してすぐ辞める人もいる

転職後にすぐに辞める人もいます。

それ自体はご本人の判断なので良い・悪いということはありません。ご本人が納得されているのであればそれが一番の判断ですので。

ただし、辞める前に現状整理や、もういま自分にできることはないか?の確認は行いましょう。

行った上でいまのご自身で出来る事が何も無いと判断するなら辞めた方が良いです。

入社して3日で辞めることも可能

入社して3日で止めようと1ヶ月で辞めようと大差はありません。辞めることは可能ですし、辞める条件が変わることもありません。

むしろ、「本当にこの職場は合わない」「自分の想像と異なっていた」ということであれば、より早く辞めた方が次への切り替えがしやすく時間を無駄に消費しません。

【注意】バックレによる退職だけは止めた方が良い

「バックレは良くないよ」などと性善説を語りたいのではなく、バックレによる退職は法的に認められていないので止めたことに対して危険が伴うので止めた方が良い、という話です。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

民法第627条で定められているように、原則として最短でも2週間が必要になります。

そのため、バックレで即日止めようとすると最悪の場合で会社側から以下の対応をされるリスクがあります。

  • 訴えられる
  • 懲戒解雇
  • 損害賠償
  • 何かしら理由をつけて職場に戻される

バックレは退職行為に対するリターンとリスクを加味した際、リスクが大きすぎて帳尻が合いません。

よって、辞めるなら法に則って確実に・安全に辞める。その上で、如何にしてすぐに辞めることが出来るのか?と考えて退職活動をした方が良いです。

入社してすぐ辞める方法

民法第627条より原則最短でも2週間となりますが、いくつかの条件においてはすぐに止めることも可能です。

1,双方の合意

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

民法第六百二十八条

会社が承認して「双方の合意」が成立した場合、その場ですぐに辞めることができます。

双方合意が成立する条件としては『病気や家族などのやむを得ない事情』が発生したときが挙げられます。

2,労働条件の相違

労働条件の明示)
第十五条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
② 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
③ 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

労働基準法 | e-Gov法令検索

労働条件が事前に聞かされていた内容と異なる場合、即座に契約の解除(=即日退職)が可能です。

うちやま
うちやま

労働条件に相違があった際の退職についてより詳しくは以下の記事で解説しています。

3,派遣社員の場合は労働基準法第137条

ただし、有期労働契約(一定の事業の完了に必要な期間を定めるものを除き、
その期間が1年を超えるものに限ります。)を締結した労働者(下記(2)に該当
する労働者は除きます。)は、労働契約の期間の初日から1年を経過した日以
後においては、使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができま
す(この措置は、政府が、改正労働基準法の施行後3年を経過した後に、その
施行の状況を勘案しつつ検討を行い、その結果に基づいて必要な措置を講ずる
までの間の暫定措置です。)。(第137条)

改正労働基準法の概要 – 厚生労働省

以上の労働基準法より、派遣社員は以下の「特定の条件」を満たす場合に限り即日退職が可能になります。

「特定の条件」

  • 1年以上の勤務実績がある
  • やむを得ない事情がある
  • 会社から合意を得る
うちやま
うちやま

なお、派遣社員による即日退職方法・流れについて詳しくは以下の記事もご参考になさってください。

4,パートやアルバイトの場合、契約内容次第

パートやアルバイトは雇用期間の定めの有無によって判断が異なります。

雇用期間に定めがない場合、「【注意】バックレによる退職止めた方が良い」で解説した民法第627条に基づき正社員の辞める条件(辞める意思を提示してから最短で2週間)が該当します。

雇用期間に定めがある場合、「3,派遣社員の場合は労働基準法第137条」で解説した派遣社員の辞める条件に基づいて退職を判断します。

そのため、採用時に受け取った雇用契約書を確認し、どちらに該当するか?に合わせて辞め方を検討してください。

退職代行に相談する

  • 双方の合意は認められない
  • どうしてもすぐに辞めたい
  • でも、自分から切り出せない

という時は確実に辞める手段として労働組合が運営する退職代行サービスに依頼して退職処理を進めてもらいましょう。

退職代行にLINE(メールや電話も可)でやりとりをするだけで、相談後すぐに退職代行による対応が始まり退職までの一切を代行してくれます。

うちやま
うちやま

なお、退職代行は正社員・派遣・バイト/パート問わず対応してくれます。

また、代行業者が動き出した瞬間からあなたは会社に行くことも連絡を取る必要もなくなりますので、早ければ相談した即日から会社に行かなくても良くなります。

休職を利用する

正式には原則2週間の法的な縛りがあるので即日退職にはなりませんが、「休職」申請をあなたに代わって代行業者が行い、且つ退職の意思も同時に伝えます。

法的には退職まで2週間(民法第627条)と定められているので、休職申請後から2週間経過したら退職処理が成立となります。

バックレとは異なり、法に則った対応をしてくれるので退職トラブルの心配もありません。

労働組合である理由

通常法人(普通の株式会社)の退職代行では会社側から「退職代行による相談を受け付けない」となる可能性がありますが、労働組合であれば団体交渉権があるので相談を受け付けないと会社側が違法行為となってしまうため対応せざるを得ません。

そのため、退職代行を確実に成功させたいなら労働組合による退職代行の利用を推奨します。

  • 辞めたい、でもどうしても自分から辞めるのが難しい

という方であれば労働組合が運営する退職代行サービスを利用してください。

※自分で退職処理ができる人は相談する必要はありません
早朝・深夜も可、24時間365日体制で労働組合が相談を受け付けています



入社してすぐ退職ことも選択肢の1つ

日本では退職に対してネガティブに受け取る文化があるので賛同が得られにくい面もありますが、そもそも退職は法で定められた労働者の権利であり後ろめたい行為ではありません。

どうしても職場環境や会社の方針に合わなければ早期退職も選択肢の1つですので、ご自身で退職処理を進められるならご自身で、ご自身で伝えるのがどうしても難しい場合は我慢することなく労働組合が運営する退職代行サービスに相談して退職処理を進め、次に切り替えていきましょう。

※どうしても自分で退職を切り出せない方が相談してください
どんな会社・状況でも確実に辞めることが出来ます



この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま

株式会社BuildingBlockの代表。第08MS小隊のガンプラはけっこう作った。アレルギー性鼻炎もち。天パー。Web制作や集客対策とかもやってる。猫先生に仕事のデスクが取られた。

うちやまをフォローする
退職
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ