カッコいい!ガンダムのフリー素材が使えるよ >>

【第133話】アドセンスの「sellers.jsonファイル」を公開することの意味・役割

アドセンスの管理画面で「Google の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。」という表示が出てきたときに「公開すべきなのか?」「そもそもsellers.json ファイルってどんな役割なのか?」について解説しています。

oogle の sellers.json ファイルに販売者情報を公開することをおすすめします。
うちやま
うちやま

↑こういう表示のことです。

スポンサーリンク

sellers.jsonとは?【意味/役割】

sellers.json で販売者情報を提供する

sellers.json は、広告エコシステムの透明性を高め、不正行為を防止するための IAB Tech Lab 標準です。sellers.json は、販売者情報の一般公開ファイルを使用します。サイト運営者は、AdSense アカウントの種類に応じて個人名または会社名をファイルで共有することを選択できます。このファイルで、広告主は信頼できる方法でパブリッシャー様の身元を確認し検証できます。

Google では、サイト運営者の皆様に個人名または会社名を公開し、情報を透明化することをおすすめしています。そうすることにより、広告主が広告枠を確認しやすくなります。情報を透明化しない場合、広告主はお客様の名前を確認できないため、収益に影響する可能性があります。

sellers.json で販売者情報を提供する – AdSense ヘルプ

参考資料:SELLERS.JSON-IAB TECH LAB

sellers.jsonファイルは公開を推奨します

sellers.jsonファイルを公開することは、アドセンスに出稿する広告主さんに対して「あなたの広告が表示されているサイトはこちらであり、そのオーナーは私ですよ」と証明する作業となります。

仮に自分が広告主の立場であれば「自分が出稿している広告ってどんな人のサイトに表示されるのかな?」「サイトオーナーさんってどういう人なのかな?」が気になるので、身元が分かる状態になれば広告出稿側としては安心できます。

そう考えるとsellers.jsonファイルを公開しないよりも公開した方が広告主ウケも良いでしょう。何より、ひた隠しするような後ろめたい情報を自分のサイトで公開せず、ごく普通に健全なサイト運営をしていれば何ら問題ない事なので公開しない理由がありません。

よって、弊社としてはsellers.jsonファイルは公開する方が良いと考えます。

ads.txtファイルとは補完関係にある

「sellers.jsonファイル」と「ads.txtファイル」はお互いに補い合う関係になっています。

「sellers.jsonファイル」は自分の身分証明となります。

「ads.txtファイル」では自分のサイトが広告規則に則った広告運用をしていることの証明します。

うちやま
うちやま

ads.txtファイルの詳細は以下の記事をご参考になさってください。

つまり、「sellers.jsonファイル」と「ads.txtファイル」をそれぞれを公開することは『広告規則に違反することなく、且つ自分の身分も証明している人間が清廉潔白で真面目な広告運用をしていますよ』と証明することに他なりません。

非公開だとどうなる?

現時点ではアカウント停止になるような大きなトラブルには繋がりません。

アドセンス規約に「収益に影響する可能性があります。」とあるように、もしかしたらネガティブな影響が一部出る可能性は否定できませんが、現時点では大きなトラブルになることは無いと考えられます。

最終的には公開情報内容と各々の考え方から判断する

sellers.jsonファイルで公開する内容は「名前」「ドメイン」「販売者ID」となります。

現時点では住所は非公開ですが、今後公開になる可能性も0とは言えません。

以上を踏まえるとsellers.jsonファイルを公開する=広告出稿者さんに対して一定の個人情報を開示することになります。

例えば弊社の場合、名前・ドメイン・販売者IDが公開されてもなんともないですし、仮に住所が公開されようがそもそも既に会社のHPで公開してますし、法人登録情報チェックすればすぐにわかる状態なので住所が公開されても何ら気にすることもありません。

ですが個人でサイト運営している場合は『自分の個人情報は極力開示したくない』という方もいると思います。

よって、少しでも心配がある方は「機密」(開示しない)を選ぶのが良いかと思います。

うちやま
うちやま

その人の考え方や立場によって判断が異なる作業ってことですね。

sellers.jsonで販売情報を公開するかどうかの判断は個人に任せられているので、ご自身の考えに沿って公開・非公開を検討してください。

sellers.jsonファイルの公開手順

アカウント情報

アドセンスの管理画面から「アカウント情報」をクリック。

販売者情報の公開設定

「販売者情報の公開設定」を「非機密」にチェックを入れて「ビジネスのドメイン」に自分のサイトのドメインを記入します。

記入したら自動的に保存してくれるので設定は以上で完了です。

[ドメインの記入方法]

ドメイン名を記入する際は「www」や「https://」などは含めないようにしましょう。

(×)https://buildingblock.jp/

(×)https://www.buildingblock.jp/

(〇)buildingblock.jp

表示しない

設定後に表示が消えない時は「表示しない」をクリックすればOKです。

まとめ

設定は以上で完了です。

個人情報の問題は確かに気になるところですが、清廉潔白なメディア運営をしていくならsellers.jsonファイルの公開は検討してみてくださいね。

この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま

株式会社BuildingBlockの代表。第08MS小隊のガンプラはけっこう作った。アレルギー性鼻炎もち。天パー。Web制作や集客対策とかもやってる。

うちやまをフォローする
Google AdSense
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ