カッコいい!ガンダムのフリー素材が使えるよ >>

【第196話】仕事に行きたくない、夜に泣くぐらい追い込まれている方への解決策

夜に泣くぐらい追い込まれ「仕事に行きたくない」と苦しさを感じる人へ解決策を解説しています。

「夜に泣く」というのは相当に追い詰められている証拠、追い詰められて身も心もパツパツの状態です。

  • やるべきこと→休む
  • やってはいけないこと→新しいことをする

以上を念頭に考えてていただき、より詳しくは下記よりご参考になさってください。

スポンサーリンク

仕事に行きたくないと、夜に泣くぐらい辛い人へ

「休む」か「辞める」

追い詰められ過ぎてどうしようもない状態であれば、我慢して会社に行き続ける必要はありません。

休む(休職か有給)か辞める(退職)かで、一旦「明日から仕事に行く必要は無いんだ」と思える環境を作ってください。

いま以上に自分の気持ちを疲弊させてはいけません。

休むことも辞めることも労働者の権利ですので、遠慮せず権利を使ってください。

休む場合

有給を消化する」、有給が無ければ「休職扱いで休む」のいずれか。

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

労働基準法第三十九条 - e-Gov法令検索
  • 入社日から6ヶ月が経過している
  • 全労働日の8割以上出社している

以上を満たしていれば労働者の誰しもが有給休暇の権利を持つことができます。

有給の申請は前日~1週間前が一般的ですので、我慢できるなら1週間前、どうしてもの状態なら無理せず「明日から有給入ります」と伝えましょう。

有給はその理由の如何に問わず取得することができますし、会社側は断れないようになっています。

一方、有給資格を取得する前段階であれば「働ける状態ではない」「会社にいても周囲に迷惑をかけてしまう」などの理由を伝えて「休職」扱いにしてもらいましょう。

辞める場合

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

民法では最低でも14日前に退職の意思表示をすれば退職届の受理にかかわらず退職できることが定められています。

新卒・ベテラン問わず辞めることは労働者の権利です。

有給があるなら14日間消化してそのまま退職、14日以上あるならその分もすべて有給消化で退職。

有給が無ければ休職扱いで休みを設けてもらい、そのまま14日後に退職、となります。

有給も休職も取らせてくれない場合

休み・退職問わず、有給も休職も取らせてくれないなら違法性のある会社である可能性があります。

そういう会社は思い切って退職を検討した方が良いです。

ただし、有給や休職という権利を認めないぐらいの会社=ブラックな会社の可能性があるので「辞めさせてくれない」という可能性すら考えられます。

ご自身で退職相談して対処できれば一番ですが、どうしても辞めさせてくれないようであれば労働組合が運営する退職代行サービスに相談すれば自分は会社に連絡することなく、代行サービスが事務的に且つ確実に退職させてくれます。

参考 労働組合が運営する退職代行サービス「SARABA」

心療内科へ相談 - 周りの人へ

ご本人というよりは周りの人へのお話し。

ご本人が行くのももちろん構いませんが、追い込まれ過ぎてすぐの段階では自分から「心療内科に行くぞ!」というのも難しいでしょうから無理してはいけません。

身内の心がボロボロになってしまう経験は滅多にないことですので「どう接すればいいか?」に悩まれることが多いと思います。

その為、心療内科へ行き今後の接し方について相談してください。

辞めた場合は失業保険の申請も忘れずに

休みではなく完全に辞めた場合、失業保険(失業手当)の申請をしてください。

会社都合にしてくれるのであれば即失業保険が適用されますが、今回のケースであれば「自己都合」扱いになるかと思います。

自己都合扱いの場合、退職後に申請したのち2カ月後からの需給になります。

申請が遅れれば遅れるほどに失業保険を受け取る時期が後ろにずれてしまうので、可能な限り早くに失業保険の申請を最寄りの役所で行ってください。

休むこと・辞めることは恥ずかしい事ではない

似たような悩みを抱える人は多い

最近、朝、仕事に行くのが嫌で泣いてしまいます。かなり情緒不安定です。
とにかく朝がイヤ。つらくて悲しくてたまりません。

最近、朝、仕事に行くのが嫌で泣いてしまいます。かなり情緒不安定です。とにかく… – Yahoo!知恵袋

主人、私ともに30歳で、会社は違いますが同じ職種(IT系)で働いています。
数ヶ月ほど前から主人が毎朝「仕事に行きたくない」と泣き出すようになりました。

このままではいつか重度のうつ病のようになり、家から出られなくなったり、自殺を考え出したりするのではないかととても心配です。

「仕事に行きたくない」と泣く主人 -主人、私ともに30歳で、会社は違い- 父親・母親 | 教えて!goo

現代病の一種、と言っても過言ではないと思います。

仕事に行きたくないのは甘えじゃない

逃げ出したいくらいのストレスで体が壊れるぐらいなら「仕事に行かない」という選択肢を使った方が良いです。

普通に考えて「心身をボロボロにさせる職場環境」の方が異常なんですからね。

「仕事に行きたくない」と感じるのはアナタの心のSOSです。

以下の記事でも書きましたが、

我慢して会社に残ったことで心身共に壊れて社会復帰できなくなる方がよほどマズいです。

会社は自分の人生を守ってくれませんので、「今すぐに逃げたい」と感じているなら逃げた方が良いです。

夜に泣くぐらい追い詰められた人がやってはいけないこと

意味や原因を無理に見出さない

追い詰められた原因が何か?を考えましょう、というアドバイスもありますが「今はそんなことしない方が良い」です。

これだけ追い詰められている時点で理屈じゃありません。身体と心が拒否反応起こしているんですから、嫌なものは嫌、それしかないんです。

  • 仕事内容
  • 人間関係
  • 一時的なもの
  • 働きすぎ環境
  • 上司へのストレス

など、確かに数え上げれば色々出てくるとは思います。

ですが、数え上げたからと言って解消するレベルであれば夜に泣くぐらい追い詰められません。

既にそういう段階では無いので無理に意味を見出すよりも「まずは休む」ことを第一としてください。

どうしても意味を見出したいときはカウンセリングの先生と話すときにだけ頑張ればいいです。

転職サイトやエンジニアスクールへの登録

誤解の無いように書いておくと、転職サイトやエンジニアスクールへの登録自体が悪いのではありません。

転職サイトやエンジニアスクールへの登録など、次に向かう動きはご自身に余裕が出てきたらやれば良いことであり、追い詰められて疲弊している時はそんなことをやれる余裕がない状態ですよ、ということです。(むしろ気持ちが落ち着かなくてマイナスになる可能性すらあります。)

そんな時に無理に頑張ろうとしても消化不良になりますから、「気持ちが落ち着くまでは無理に次のことを考える動きをとる必要は無い」です、繰り返しますが「まずは休む」ことを第一としてください。

「休む」が第一

新しいこと・次のことをやるには大きなエネルギーが必要です。

気持ちが滅入っている状態で大きなエネルギーを掛けることは難しすぎます。

無理することなく、まずは「休む・自分の気持ちを落ち着ける」ことを第一としてください。

【注意】

すぐに転職やプログラミングを推奨してくるようなサイトをちょいちょい見かけますが、「とんでもない提案してるな」と思います。

人間はロボットじゃないので切り替えるなんてそうそうできないですからね。汗

ぶっちゃけそんなサイト見ても気持ちが焦って疲弊しちゃうだけなので、家でゴロゴロしながら心の平穏を第一に過ごす方が断然良いです。

辞めることは悪い事じゃない

こちらの記事では自分の体験談を踏まえた見解を書いています。

もちろん年齢・状況は人によって違いますので必ずしも参考になるとは言えないかもしれませんが「仕事を辞めることも選択肢の1つ」ということが少しでも伝われば幸いです。

仕事を辞めることは決して逃げでも悪い事でもありませんので。

転職利用者・希望者の割合から考える

社会人の52.5%が、転職経験あり
約7割の人が社会人3~7年の間に、新卒で入社した会社を辞めて転職をしたり、転職を検討するようです。

2人に1人が転職経験あり ~転職活動の実態調査 |転職ならdoda(デューダ)

約90%が雇用企業から中途採用の相談を受けており、その相談の100%が35歳以上の採用についての相談と

35歳以上の転職に変化!? 最新の転職市場とは?

転職経験者は社会人の5割以上、相談まで含めたら約9割。

転職=既存の会社は退職する、ということですので「仕事を辞める(退職する)」ことは現在においては至って普通のこと、と言えます。

以上からも「会社を辞めることは悪い事じゃない」というのは明白です。

確率論的には事故に遭ったようなものだから自分を否定しない

会社は日本中にたくさんあります。

日本の企業数は約410万社。 そのうち個人事業主が約240万社。

つまり、会社と呼ばれるものは約170万社(410万-240万)となります。

参考:企業数 – 中小企業庁 – 経済産業省

あなたが苦しんだ会社が=普通の会社というわけではありません。

人の心身をボロボロにする会社に「170万分の一」という確率で運悪く当たってしまっただけです。

確率論的には「170万分の一=0.00000059%」となります。

一番少ないと言われる航空機事故で死亡する確率は0.0009%と言われています。

それよりもけた違いな%なのですから、逆に言えばそんな会社の方が滅多にないわけです。

よって、あなたがどうのこうのというより「会社側の方が異常だった」と考えるのが適切ですのでご自身を攻めないでください。

仕事に行きたくない毎日を我慢して潰れるのが一番まずい、それは間違いない

会社勤めって問題ないときは順風満帆そのものではあるのですが、一方でそうじゃなくなるとかなり追い込まれやすい環境でもあります。

追い込まれ過ぎて鬱病になる人もいる時代ですので、そうなる前に会社から逃げ出した方が絶対に良いです。

決して退職を推奨するわけじゃないですが、どうしようもなく追い込まれているなら仕事よりも自分の身・自分の人生を優先して考えてください。それは間違いないですから。

自分で辞めることが難しい方向けの選択肢

退職代行なら「即日辞めたい!」が実現できます

この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま

株式会社BuildingBlockの代表。第08MS小隊のガンプラはけっこう作った。アレルギー性鼻炎もち。天パー。Web制作や集客対策とかもやってる。

うちやまをフォローする
退職
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ