うつ病で退職の電話を会社にかけるのが怖い人におすすめの伝え方

「うつ病なので人と話したくない」

「会社に辞める連絡をしたくない」

うつ病やその他事情があり、退職の連絡を電話で伝えられない時でも退職を伝える方法について解説します。

スポンサーリンク

うつ病で退職したいが電話が怖い時の伝え方

適応障害で退職する際は電話で辞めると伝えるか退職代行に相談しよう」でもお伝えしましたが、退職は直接会うだけでなく電話で伝えても問題ありません。

ですが、電話すること自体に拒否反応を起こす状態であればそれ以外の退職の伝達を選択肢に用意した方が良いです。

【前提】退職の伝達方法に法的な決まりはない

退職を伝える際の伝達方法には法的な規定がありません。

一般マナーとしては直接伝える、もしくは事情がある際は電話で伝えるなどと言われますが、あくまでマナーに過ぎず絶対的な義務ではありません。

そのため、電話での伝達が怖い時は電話以外の伝達方法で問題はありません。

証拠だけは残しておいた方が良い

ただし、退職を伝えたことは証拠として残しておく方が好ましいです。退職の意思を伝えた証拠が無ければ後日「言った・言わない」問題が起こり、退職が成立しにくくなります。

そのため、どんな伝達手段であっても退職の意思を伝えた証拠だけは残しておきましょう。

【証拠の例】

  • 電話⇒通話を録音しておく
  • メール⇒配信履歴を保存
  • 退職届⇒退職届を内容証明郵便で郵送

1.メールで伝える

退職する旨をメールにまとめ、直属の上司に送信しましょう。また、メールの送信記録は必ず保存して残しておきましょう。

うちやま
うちやま

メールで退職を伝える流れについて詳しくは以下の記事もご参考になさってください。

2.退職届を郵送する

配達記録付き内容証明郵便で退職届を郵送しましょう。

会社側に退職届が届けられたことが証明できるため退職の意思を伝えた証拠になります。

3.退職代行に相談する

  • 退職を自分で切り出すのは難しい
  • 電話もメールも郵送も難しい・怖い
  • でも、どうしても辞めたい

という方であれば労働組合が運営する退職代行サービスに相談して辞めてしまいましょう。

確実に退職が成立します。

退職代行はお手持ちのスマホから電話やLINE(メールでも可)か相談が可能。希望があれば相談したその日から代行業者が動き出してくれます。

代行業者が動き出した瞬間からあなたは職場に行くことも連絡する必要も無くなるので、早ければ相談した即日から会社に行かなくても良い状態になれます。

具体的には、

  • 確実に退職が成立する
  • 法律に則って退職処理するので法的なトラブルがない
  • 自分で対応する必要が無いので退職にまつわるストレスが無い

等があり、希望者には有給消化や未払いの交渉もしてくれます。

そのため、あなたが

  • 退職を自分で切り出すのは難しい
  • 電話もメールも郵送も難しい・怖い
  • でも、どうしても辞めたい

という状況であれば労働組合が運営する退職代行サービスに相談して辞めてしまいましょう。

\ 即日退職も可能 /
24時間365日体制で労働組合が相談を受けています



退職時の注意点

バックレ・無断欠勤による退職だけは避ける

バックレによる退職は認められていません。そのため、バックレによる退職を行うと「違法行為」となり労働者に対して損害賠償請求や懲戒解雇を与えられる危険があります。

中でも懲戒解雇になると以下の問題が起こります。

  • 本来貰えるはずだった退職金の一部または全部不支給
  • 転職時にマイナスな印象を与えることになる

また、懲戒解雇になると転職活動時に相手先に伝えなければ経歴詐称になるので必ず伝える必要があります。

つまり、懲戒解雇になるとその事実が必ず転職先にはバレますので今後の転職活動においてご自身の印象が悪くなり不利益しかありません。

バックレは労働者にとってデメリットしかないので、辞めるなら法に則って確実に・安全に辞めましょう。

うつでは身の安全を第一に考える

退職は口頭で伝えることが長年のマナーになっているので、直接伝えるのが難しい時は心苦しさを感じたり、周囲からの声が気になったりとしますが、うつの状況なら身の安全を第一に考えて行動してください。

無理に話そうとするとご自身の心身を苦しめるだけで症状が悪化するリスクがあります。

マナーは大事ですが、ご自身の健康・安全が最も大事であることには違いありません。法的に問題がないわけですから電話で伝えるのが難しい時は気後れすることなく電話以外の伝達方法で退職を伝えましょう。

退職を家族が連絡するのもアリ

事情があって本人が伝えられない時は家族が代わりに退職の連絡をすることも可能です。

ただし、本人の辞める意思を証拠として残す必要はあるので、家族が連絡した後に本人名義での退職届も郵送してください。

転職は後回しで良い

仕事を通じてうつになってしまった場合、仕事から一旦離れて心を回復させる必要があります。

「すぐに転職しないと・次を見つけないと」と焦ってしまうと心の回復にとって逆効果でしかありません。まずは辞める、次に心の回復をすることを優先してください。

転職活動は心の回復に目途がついてからの方が良いです。

引き継ぎは義務ではない

引き継ぎは法律で定められた規則や義務ではなく、お世話になった会社に対する気持ちとして行う業務です。

よって、引き継ぎを拒否することもできますし引き継ぎをしないことで罰則が発生することもありません。

円満退社や一般的なマナーとしては引き継ぎは行った方が良いですが、うつなど事情があってどうしても対応が難しい時は引き継ぎ未対応でも退職は成立します。

うちやま
うちやま

退職時の引き継ぎについて詳しくは以下の記事もご参考になさってください。

退職の条件を押さえる

うつであるからと言ってバックレはできませんし、退職の自由が特別に許可されるわけでもありません。そのため、うつで退職する際は即時退職ができる条件を押さえて退職処理を進めてください。

合意退職の場合

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

民法第628条

民法第628条より、やむを得ない事由が発生した場合は会社と労働者、双方の合意に基づき即日退職が成立します。

むを得ない事由としては怪我・病気、家族の介護、出産などによりどうしても勤務が出来ない場合が該当しますが、うつ病もやむを得ない理由に該当します。

退職の連絡を送る際にうつになった旨を伝えることでやむを得ない事情を理解してもらい合意退職として処理してもらいましょう。

ハラスメント被害の場合

第五条 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

労働契約法 | e-Gov法令検索

ハラスメントは労働者の心と体の安全に影響がある行為であり、労働契約法5条に基づき使用者である会社側が労働者の生命、身体などの安全を確保しつつ労働することができる環境を用意できていない、となります。

加えて、ハラスメントはハラスメント防止法(正式名称:改正労働施策総合推進法)違反にも該当します。

いずれの場合でも法律に反した状況であることに違いは無いので、会社側には「身の安全が保障されないため」と伝えてご自身の退職処理を進めましょう。

うちやま
うちやま

うつ病での退職条件については、以下の記事もご参考になさってください。

退職理由は一身上の都合で良い

原則として法的には退職理由を用意する必要はありません。そのため、言わなくとも退職はできますし、言う場合は必ずしも本音で退職理由を伝える必要もありません。極論ですが退職理由が嘘であっても問題はありません。

どうしても退職理由を伝える必要がある場合は「一身上の都合」でも構いません。

特にうつ病や精神的な問題がある際は相手が理解してくれない可能性があるので、下手に誤解を招くよりも「一身上の都合」とだけ伝えた方がスムーズに辞めやすいです。

うちやま
うちやま

退職理由の用意について詳しくは以下の記事もご参考になさってください。

有給を消化する

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

労働基準法第三十九条|e-Gov法令検索

有給は労働者の権利として認められており会社はその権利を拒否することはできません。また、有給の権利は退職すると消滅してします。そのため、有給が残っている場合は必ず退職前に有給を消化してしまいましょう。

退職と同時に有給の申請

退職を伝えると同時に有給の消化も伝え、退職日が成立する日まで残っている有給の日数分を消化しきってください。

時季変更権は無効になる

有給に対して会社側にも「時季変更権(会社が労働者の有給取得日の時期をずらせる権利)」がありますが、時季変更権は退職予定日を超えた行使はできません。

つまり、有給消化後に退職してしまう場合、他の時季に有給休暇を与えることができないので時季変更権を行使することができず有給申請者の請求が通ります。

備品を返却する

スマホ、PC、制服、社章など会社から借りているものは必ず返却しましょう。残しておくと後にトラブルの原因になります。

うつで直接持っていくのが難しい時はまとめて郵送で会社に送りましょう。

私物の郵送を伝える

私物が残っていると会社側が誤って破棄してしまう可能性がありますので、辞める前に私物は持ち帰っておきましょう。

どうしても残ってしまう場合は着払いの郵送で送ってもらうよう会社側に伝えてください。

書類の確認

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 離職票
  • 扶養控除等(異動)申告書
  • 健康保険被扶養者(異動)届
  • 給与振込先届
  • 健康診断書

など、退職時に必要な書類は会社から郵送してもらうように伝えましょう。退職後の失業手当の申請、次の会社に入社する際の手続きなどで必要になります。

基本的には退職後にご自宅に郵送されてきますが、しばらく待っても届かない場合は会社に確認の連絡を入れてください。

まとめ

うつにかかった時はご自身の体と心の回復が第一です。そのため、どうしても退職の連絡ができないなら無理する必要はありません。

本記事でお伝えしたようにメール、郵送、退職代行など電話以外にも退職を伝える手段はあります。

どうしても電話が難しい時は別の手段を利用して退職を伝えていただき、ご自身の回復に努めてくださいね。

\ 自分で伝えるのが難しい方へ /
24時間365日体制で労働組合が相談を受けています



この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま

株式会社BuildingBlockの代表。第08MS小隊のガンプラはけっこう作った。アレルギー性鼻炎もち。天パー。Web制作や集客対策とかもやってる。猫先生に仕事のデスクが取られた。

うちやまをフォローする
退職
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ