仕事が合わないとわかるサインが出てきたら見切りをつけた方が良い

仕事が合わないのでは?と感じた時に心身に対してサインが出ているか?を確認してください。

サインが出ていれば自分が仕事に満足していない、もしくは会社を辞めることを指し示す兆候と言えます。

どうしても合わない職場では我慢するよりも見切りをつけることを検討する必要があります。

本記事では仕事が合わないとわかるサインについて解説します。

スポンサーリンク

仕事が合わないと感じるサイン

「仕事の辞めどきがわかる10のサイン」の記事でも解説しているように、仕事が合わないと感じた時は我慢し続けて限界が来てしまう前に対処すべき。

主に以下の症状や悩みがあるときは仕事が合わないサインと言えるので、現状のご自身の状況と比較しながら読み進めてみてください。

1.職場の人間関係で苦しんでいる

職場での人間関係が上手くいかず、コミュニケーションがうまく取れず、仲間との信頼関係が構築できないと感じる人は、職場での仕事が辛く感じやすいものです。また、人間関係トラブルから業務を進める際に必要な情報やサポートが得られないと感じることもあります。

このような状況では自分の能力を発揮することができず、仕事が合わない・楽しめないと感じることがあります。

2.尊敬できる上司や先輩がいない

尊敬できる上司や先輩がいない場合、職場での仕事が辛く感じることがあります。

職場に尊敬できる人がいると自分自身も成長することができるので仕事に対するモチベーションも上がりますが、そのような存在がいないと自分自身の成長にも繋がらず仕事に対するモチベーションも低下します。

3.社風や仕事の価値観が合わない

職場で働くにあたり、会社の社風や仕事の価値観が自分と合わないと感じることはよくあること。

自分が働く会社の社風や仕事の価値観が合わないと感じると仕事に対するモチベーションが低下し、このような状況では自分が働く会社での仕事に対する考え方を改めるか、新しい会社で働く方がその人にとって好ましいと言えます。

4.常に職場で緊張している

職場で常に緊張していると感じるとストレスを感じる原因となり、ストレスが続くと心身にネガティブな影響が出てきます。

職場での緊張感は仕事内容や職場の環境、上司や同僚との関係などさまざまな要因によって引き起こされることがありますが、このような状況ではストレスを感じる原因を特定し、それに対する対処方法を見つけ、放置せずに対処する必要があります。

5.仕事に自信が持てない

仕事に対する自信を持てないと感じていると仕事を楽しめないだけでなく向上心にも繋がらなくなります。

自信を持てないと感じる原因はさまざまですが、仕事に対する知識やスキルが不足している、仕事に対する不安や不信感がある、過去の失敗からの影響がある、などが考えられます。

このような状況では仕事から逃げるよりも、自身をつけるために仕事に対する不足している知識やスキルを磨くことで、自分を肯定して自信を持つようにしていきましょう。

6.体調不良が現れる

職場で体調不良を感じることは異常事態です。

第五条 使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

労働契約法 | e-Gov法令検索

体調不良には、ストレスやワークライフバランスの悪さ、、疲れやイライラ感、肩こりや頭痛、胃腸の不調などさまざまな症状がありますが、体調不良があるということを法的に言い直すと、労働契約法5条より使用者である会社側が労働者の生命、身体などの安全を確保しつつ労働することができる環境を用意できていない、となります。

よって、体調不良が現れる職場はすぐにでも離れるべきです。

7.業務量多すぎる・余裕がない

職場での業務量が多すぎると精神的なストレスを感じて余裕がなくなるだけなく、身体的な負荷もかかり過ぎて心身を壊してしまう原因にもなります。また、業務量が多すぎると感じると仕事が生活のすべてを占めてしまい、プライベートや趣味などを楽しむ時間がなくなることがあります。

このような状況では早々に業務量を減らすための工夫や、業務を効率よく改善する必要があります。

8.不当な低賃金で働かされている

自分の能力や経験を考慮していない不当な低賃金で働かされている、他社と比較しても賃金が安いと感じることは働くモチベーション低下につながります。

自分の能力や経験を踏まえて賃金アップを要求するか、転職するかによって状況を変えるほかありません。

9.成長やキャリアップが見込めない

職場で成長やキャリアアップが見込めないと感じることは働くモチベーション低下に直結します。

このような状況では会社でのキャリアアップのチャンスを探すか、上司や同僚との関係を改善することで成長やキャリアアップを期待するほかありませんが、現実的にはそう簡単にキャリアアップのチャンスは訪れないため、退職して別の職場にチャレンジするのが現実的な選択肢になります。

10.自分の強みを仕事で活かせていない

自分の強みを仕事で活かせていないと感じると働くモチベーション低下に影響します。

このような状況では自分の強みを仕事で活かすことができる仕事を職場内で探すか、退職して別の職場にチャレンジするのが現実的な選択肢になります。

11.自分の目指すべき方向性に相違がある

自分の目指すべき方向と会社の方向性に相違があると感じる場合、モチベーションが低下するのも無理はありません。

我慢し続けても仕事のパフォーマンスは上がらず周囲との関係にも影響するため、異動や退職を検討するのが現実的なキャリアプランとなります。

12.仕事を楽しめない・やりがいがない・退屈

仕事を楽しめない、やりがいがない、退屈と感じ続けると時間と共に仕事へのモチベーションも低下します。

対策としては、自分が興味や関心を持つことができる仕事を社内で探すか、仕事での成果や評価を感じることができる社内制度をもった会社に転職するなど、今と違う場所での活躍を視野に入れて再び仕事を楽しめるように工夫するほかありません。

【補足】スピリチュアルな観点から仕事のやめ時のサインを感じる人も

a.ゾロ目をよく見かけるようになる

ゾロ目がよく見られることは仕事を辞めるタイミングを意味するスピリチュアルサインの1つです。

ゾロ目とは「111」や「777」など同じ数字が並んだものを指し、スピリチュアルと縁の深い数字になります。今の会社を辞めて転職を考えるにあたり、ゾロ目がよく見られることを意識すると良いでしょう。

b.蝶々をよく見かけるようになる

蝶の発見は転職を意味するスピリチュアルサインの1つです。

蝶は「再生」や「復活」を象徴するので転職を意味します。転職することで、新しい会社で新しい自分を活躍させることができ、転職後は理想の仕事生活を送ることができるようになるでしょう。

c.鳥の羽をよく見かけるようになる

鳥の羽を見かけることは、転職を意味するスピリチュアルサインの1つです。

鳥の羽は天使からのメッセージであり、退職を悩んでいるときに見た場合、「見守っているよ」や「そばにいるから大丈夫」と勇気を与えてくれるものと考えられています。また、鳥の羽はスピリチュアルなパワーが宿っており開運アイテムとしてアクセサリーのモチーフにもなっています。

d.仕事を辞めてスッキリする夢を見るようになる

夢は自分の潜在意識の願いを投影することがあります。その為、退職する夢を見た際は潜在意識から強いメッセージが送られていると考えて良いでしょう。

また、仕事を辞めたり起きた時に解放感のある夢を見た場合も転職を意味するスピリチュアルサイン。特に現実と間違えるほどリアルな夢を見た場合、魂が現実になる可能性のある未来を投影した予知夢の可能性もあります。

【事例】合わない仕事を続けた結果

合わない仕事を続けたとしても心と体を病むだけです。

仕事が自分の興味や関心に合わないと感じると仕事への熱量が低くなり、やる気の無さが態度に現れることがあります。その結果、周囲の人から「やる気がない」と見られ、人間関係も上手くいかず、自信もなくなり、性格が暗くなることもあります。

また、仕事が自分に合わないと感じるということは貴重な時間を無駄にしてしまうことと同義です。そのため、自分に合わない仕事を続けるのではなく直ぐにその状況から抜け出すことが大切です。仮に合わない仕事を続けたとしても遠くない将来に心と体を病むだけです。

向いていない仕事には見切りをつけよう

向いていない仕事を我慢して続けたとしても心身に不調が出るだけで事態が好転することはほぼありません。

そのため、向いていない仕事には見切りをつけ、次のキャリアステップを検討していきましょう。

この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま(内山智明)

新卒で入社したブラック企業で月の残業168時間、気合努力根性の精神論だけで詰められ、簡単に辞めさせてくれない毎日を過ごして退職するまでに苦労した経験がある。現在は株式会社BuildingBlockの代表となり、自身の経験を元に、会社を辞めたいのに辞められない・辞めると言い出しにくい人向けに退職や辞め方に関する情報発信を行う

うちやま(内山智明)をフォローする
退職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ