本ページには広告が含まれています。

退職日までもたないとガルちゃんやSNSでも悩んでいる人は多い

退職日までもたないと感じている人は多く、中でも有名な投稿サイトであるガルちゃんを見るとリアルがよくわかります。

本記事では退職日までもたないと感じている際にどの様に対応すべきか?をガルちゃんでの意見を参考に解説します。

スポンサーリンク

ガルちゃんで見られる退職日までもたない時の乗り越え方が参考になる

  • あと少しで一生関わらない人になると割り切る
  • 一生関わらない人だから嫌味を言われても無視
  • 逆に開き直って明るく振舞って過ごす(攻める姿勢)
  • 退職まであと○日とカウントダウン

このように考えている方が多く、退職時の考え方や切り替え方の参考になります。

どうしても退職日までも体内時は体調不良などで対応する

なお、どうしても退職日まで持たない時は体調不良などやむを得ない理由を元に会社に行かない、欠勤や有給などで対応することも可能です。

うちやま
うちやま

退職日までもたない時の過ごし方について詳しくは以下の記事もご参考になさってください。

【注意】バックレだけは避けよう

なお、どうしても退職日までもたない状況であってもバックレだけは避けた方が良いです。

バックレによる退職は認められておらず、バックレによる退職を行うと違法行為扱いとなり労働者に対して損害賠償請求や懲戒解雇を与えられる危険があります。

中でも懲戒解雇になると以下の問題が起こります。

  • 本来貰えるはずだった退職金の一部または全部不支給
  • 転職時にマイナスな印象を与えることになる

また、懲戒解雇になると転職活動時に相手先に伝えなければ経歴詐称になるので必ず伝える必要があります。つまり、懲戒解雇になるとその事実が必ず転職先にはバレますので転職活動においてご自身の印象が悪くなり不利益しかありません。

他にも嫌がらせや呼び戻しなどの可能性もあり、バックレは労働者にとってデメリットが大きすぎます。そのため、辞めるなら法に則って確実に・安全に辞めましょう。

仕事に関するがるちゃんでの意見は参考になる

がるちゃんには「「仕事」の新着トピック」がありますが、こちらでの意見も参考になることが多いです。

転職に関するがるちゃんでの意見

転職活動が長期化・上手くいかないときの体験談や転職のキッカケ、子供がいる方の転職への考え方等が参考になります。

退職に関するがるちゃんでの意見は参考にな

退職のやり方や引き止められたり辞める際にトラブルになった時の経験談、他の人が退職する時の振舞い方等のリアルが見て取れます。

仕事辞めたいと感じている人はがるちゃんでも多い

仕事=嫌だから辞めたい、というよりも、仕事は好きだけど職場環境や人間関係で辞めたいと感じている人が多いことがわかります。

厚生労働省「令和3年雇用動向調査結果の概要」の「転職入職者が前職を辞めた理由」によると、前職を辞めた理由として「職場の人間関係が好ましくなかった」「仕事の内容に興味を持てなかった」「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」という理由が一定の割合を示しています。

人間関係や労働環境が合わなければ強いストレスがかかるので、その影響で辞めたくなるのは自然なこと。これはがるちゃんの書き込みをしている方だけの問題ではなく、すべての労働者に言えることです。

ガールズちゃんねるで見られる最悪な辞め方の例

  • 先輩や同僚と喧嘩別れ
  • 初日の朝に既に音信不通になっている
  • 昼休みに会社から出てそのまま戻らない
  • 次の日から突然行かなくなる
  • 辞めさせてもらえない
  • バックレて無断欠勤してその後音信不通

こうした事案はネタとしては興味深いですが、実際に自分が行うのは避けてください。

「【注意】バックレだけは避けよう」でもお伝えしたように懲戒処分になる可能性もあり、退職希望者にとってはリスクが大きすぎます。

どうしても辞められない時は退職代行という選択肢を

  • 退職を自分で切り出すのは難しい
  • 相談しても辞めさせてくれない
  • でも、どうしても辞めたい

という方であれば労働組合が運営する退職代行サービスに相談して辞めてしまいましょう。

確実に退職が成立します。

退職代行はお手持ちのスマホから電話やLINE(メールでも可)か相談が可能。希望があれば相談したその日から代行業者が動き出してくれます。

代行業者が動き出した瞬間からあなたは職場に行くことも連絡する必要も無くなるので、早ければ相談した即日から会社に行かなくても良い状態になれます。

具体的には、

  • 確実に退職が成立する
  • 法律に則って退職処理するので法的なトラブルがない
  • 自分で対応する必要が無いので退職にまつわるストレスが無い

等があります。

そのため、あなたが

  • 退職を自分で切り出すのは難しい
  • 相談しても辞めさせてくれない
  • でも、どうしても辞めたい

という状況であれば労働組合が運営する退職代行サービスに相談して辞めてしまいましょう。

\即日退職が可能です/
労働組合が相談を受け付け!追加料金もありません



まとめ

退職は入社よりも大変といわれることもあるほど負担度合いの大きなイベントになります。そのため、退職日までもたないと感じる人がいるのも自然なことです。

もしあなたが「どうしても退職日までもたない」という状況であれば本記事の内容から退職日までの乗り越え方の参考にしていただければ幸いです。

この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま(内山智明)

新卒で入社したブラック企業で月の残業168時間、気合努力根性の精神論だけで詰められ、簡単に辞めさせてくれない毎日を過ごして退職するまでに苦労した経験がある。現在は株式会社BuildingBlockの代表となり、自身の経験を元に、会社を辞めたいのに辞められない・辞めると言い出しにくい人向けに退職や辞め方に関する情報発信を行う

うちやま(内山智明)をフォローする
退職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ