【第309話】退職代行に依頼したらその後は何もすることは無い、退職日まで待つだけ

退職代行に依頼したらその後はどうなるのか?について詳細を解説します。

スポンサーリンク

退職代行を利用したその後はどうなるか?

会社に行く必要も連絡する必要もなくなる

退職代行が動き出すと、その瞬間からあなたは会社に行く必要も連絡する必要も無くなります。

退職の一切に関して退職代行が対応することになります。

退職が法的に成立するまで待機

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

退職が成立するのは退職の意思を示してから2週間と定められています。

よって、退職代行があなたに代わって退職の意思を伝えてから2週間後には法的にあなたの退職が成立することになり、その間は会社に行く必要は無いので待機となります。

会社から退職に伴う書類が郵送される

  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

以上は必ず会社から受け取る書類となります。

なお、以下は必要に応じて受け取る書類ですので該当の方のみご検討ください。

  • 離職票
  • 厚生年金基金加入員証

離職票は失業した場合に必要な書類となり、既に転職先が確定している場合では必要ありません。また、厚生年金基金加入員証は退職する会社が厚生年金基金に加入していた場合のみ返却されますので、厚生年金基金に未加入の会社であればその限りではありません。

会社の備品を返却

会社から用意された貸与物(書類や備品など)は必ず返却してください。返却漏れはあとになってトラブルの原因となります。

貸与物は人によって異なりますが主に以下に該当する者は返却対象となります。

  • 健康保険被保険者証(保険証)
  • 社員証
  • 社章
  • 名刺
  • 会社の経費で購入した事務用品や書籍
  • 社外秘資料やデータ類
  • スマホ
  • PC
  • 制服

損害賠償などは無い

退職代行を利用して辞めることは損害賠償などとは就業規則には記載が無いので、損害賠償は発生しません。

また、強引なバックレとは異なり退職代行は法に基づいて退職処理を執り行うので会社側も従うしかありません。

それでも難癖を付けてくる場合は明確に会社側の過剰行為となるので法的に訴えて対処するだけですが、そこま異常な会社もほぼいません。

退職代行とバックレは明確に異なる行為

会社をバックレたらその後に残るリスク

強引なバックレは法的にも認められていないので、万が一の際に会社側から訴えられる可能性、強引にでも会社に引き戻される可能性などが残ります。

リスクを考えるとバックレしてまで辞めることはメリットの採算が合わないので、辞めるなら合法的に止めた方が良いです。

【補足】退職代行の利用はクズという人は無視して良い理由

退職代行を使うことはクズ、という人は間違っている」でも書きましたが、退職代行は辞める際の選択肢の1つに過ぎません。

「退職代行を使うことはクズ」など言ってくる人間の言葉は気にする必要はなく、退職代行を使わざるを得ないぐらい労働者を追い込んだ会社が異常なだけです。

会社の人に言われたならその会社の人間が普通とはかけ離れた異常な倫理観の人間でしかなく、外部の人から言われたとしても事情を知らない人の勝手な理想論でしかありません。いずれの場合にせよただの感情論であり正当性は一切ない発言なので無視で問題ありません。

退職代行を利用する際の注意点

労働組合が運営する退職代行サービスに相談する

退職代行には通常法人(一般的な「株式会社」)と労働組合が運営する退職代行がありますが、相談する際は「労働組合が運営する退職代行」に相談してください。

通常法人の場合、会社側から「退職代行による退職は認めない」「退職代行からの連絡は対応しない」と拒否されることがあり、拒否に対してそれ以上の追及が出来ません。

一方、労働組合には団体交渉権があるので労働組合からの連絡を会社が無視すると法律違反となります。よって、労働組合経由であれば会社側も話を聞くしかないため拒否ができないため退職を進めることが出来ます。

労働組合なら確実に退職が実現する

労働組合が運営する退職代行サービスから対応してもらうことで確実に退職が成立します。

本当に辞めたいときは無理に今の職場で我慢をし続ける必要はありません、どうしてもの時は選択肢の1つとして退職代行に相談してください。

※自分で退職処理できる方は相談する必要はありません
24時間365日体制で労働組合が相談を受け付けてくれます



まとめ

退職代行を利用した後は驚くぐらい何もありません。ただ勝手に退職処理が実行されるだけです。

相談中に休むも良し、転職活動を行うのも良しです。

退職後のご自身の生活がより良くなるよう、退職代行の利用を検討してみてください。

※どうしても自分では難しい、という方が相談してください。
安全、確実に退職が成立します



この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま

株式会社BuildingBlockの代表。第08MS小隊のガンプラはけっこう作った。アレルギー性鼻炎もち。天パー。Web制作や集客対策とかもやってる。猫先生に仕事のデスクが取られた。

うちやまをフォローする
退職
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ