本ページには広告が含まれています。

退職の理由に嘘を用意しても大丈夫!仕事を辞めたい時は重宝します

退職の理由を嘘で用意することに対して倫理的、法的に問題があるかと心配される方もいるかもしれません。

ですが、法的には問題は無く、状況によっては嘘をついた方が良いこともあります。

そこで今回は、退職届に記入する理由を嘘で作る方法や、そのようなことをする際に注意することなどについて解説します。

スポンサーリンク

退職の理由に嘘を用意しても問題にならない理由

労働基準法や民法にも、「退職理由を伝えなければならない」という規定はありません。つまり、退職をする場合には、会社側に対して理由を説明する義務はありません。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

退職は民法第627条に基いて判断されますが、あくまで「解約の申入れ」が成されていれば退職という行為が成立することが定められていますので、退職理由は必要無い、ということになります。

嘘をつく際の注意点

会社によっては退職の理由を確認することがあることもあるため、嘘をついた理由が会社や上司によって見つかる可能性があり、その点を見越してバレない様に徹する必要がある。

辞める際に嘘をつくメリット

会社を辞めやすくなる

退職相談しても辞めさせてくれない、社風が良いことで辞めにくい、相談するのが怖くて切り出せない、など事情がある際は嘘を用意した方が辞めやすくなります。

人間関係、給料、キャリア形成など、会社に不満があって辞めたい時は正直に伝えると相談した上司や社長とトラブルになることがあるため、嘘をついたほうがいいでしょう。

引き留める理由を無くすことができる

正直に不満を申し出ることで、待遇の改善や異動の提案などが出てきます。そのため、それらを予め予想して会社側に反論される隙の無いように嘘の退職理由を用意すれば会社との摩擦を防ぐことができます。

会社とのトラブルを避け、少しでも早く退職を受け入れてもらうためには、マイナスな退職理由を述べないようにすることが重要です。

おすすめの退職理由=会社では解決できないこと

退職理由を用意する必要がある際におすすめなのが「会社が解決できない事案」にすることです。

給与や待遇、仕事内容などであれば会社側が対応できてしまう可能性があります。ですが、「退職理由で最強なおすすめの内容はドクターストップか法的な訴求」でもお伝えしたように、親の介護で勤務が難しい・家業を引き継ぐ・ドクターストップがかかった(診断書付き)等であれば会社側では対処のしようがないので引き止める理由がなくなり辞めやすくなります。

補足:転職活動での退職理由には注意

転職活動の際に退職理由を聞かれた場合は話は別。嘘で辞めた理由ではなく、前職で実現できなかったことが転職先なら実現できる、という転職理由をあらかじめ用意してから臨んでください。

円滑に退職する進め方

1.退職の目的や理由を正直に伝える

退職の目的や理由を会社や上司に正直に伝えることで、円滑な退職をす進めます。

ただし、内容が会社に対する不満の場合はトラブルの種になるのでその限りではありません。(例えば、結婚、家庭の事情、体調不良により勤務の継続ができない等が該当します。)

会社を非難せず、且つ会社側ではどうにも対処出来ない理由の時は正直に伝えましょう。

2.一身上の都合と伝える場合

自身の退職理由が会社ないしは社内の上司、同僚を非難するような不平不満といった内容である場合、直接伝えるのを避け、一身上の都合等の無難な理由を伝えて退職をしましょう。

3.2ヶ月前をめどに退職の意向を伝える

退職を伝えるタイミングは、法的な規則としては、民法第627条に基づき、2週間前が最短となりますが、一般的には1から3ヶ月前に伝えることがマナーといえます。

ただし、1ヵ月前の場合は短いと思われることが多く、かつ3ヶ月以上前だと早すぎることもあるため、間をとって2ヶ月前を1つの目安として伝えるタイミングと考えておきましょう。

4.まずは直属の上司に伝える。

退職を伝える際は、直属の上司から伝えるようにしてください。それ以外の方から伝えてしまうと、誤って上司にその情報が漏れたときに、心証が悪くなり、スムーズに退職がしにくくなります。

なお退職の報告は、通常業務外の行為となるため業務時間外に呼び出して伝えるようにしてください。

あらかじめ上司に退職相談のアポを取ります。アポを相談する際は退職についてとは言わずご相談したいことがありますとだけ伝えてアポを取り、実際に会ったときに退職の意向を伝えましょう。

5.引き止められないように決意して伝える

退職の相談をすると、あなたを辞めさせまいと引き止めの交渉をされる事は多いと思いますが、引き止めの交渉に負けないよう退職を決意した旨を伝えてください。

やめようと思ってますといったニュアンスで伝えると引き止められてしまうため、やめることを決意しましたと伝え、仮に引き止め交渉があったとしてももう決めたことですからと伝えて、自身の退職の意思を向こうに示してください。

6.繁忙期を避ける。

繁忙期は人手が足りなくなるため、会社側としても簡単に退職を認めてくれないケースが多く、そのため会社の繁忙期を避けて退職の日程を伝えましょう。繁忙期に無理矢理止めようとすると、かえってトラブルになり長引く可能性もあります。どうしても繁忙期に止めなければならない事情がある場合を除いては、原則的には、繁忙期を避けた時期に退職を伝えて下さい。

7.嘘をつく場合は、最後まで徹底すること

辞める際の退職の理由は、法的に必要性を定められていないので、仮に理由がなくとも法的には問題がありません。

ただし、どうしても嘘をついて辞めると言う状況になった場合は、嘘が後でバレないように自分の設定した嘘を終始一貫して守りきってください。

本当の理由を周囲に漏らすこともなく、あくまで自分の中で処理し、会社を実際に止めるまで道を貫き通しましょう。

嘘がばれるとトラブルとなり、止めにくくなることもあります退職理由の必然性は法的には定められていないため、仮に嘘をついたとしても罰せられる事はありませんが、相手の心証が悪くなることで会社をスムーズに止めにくくなる可能性は考えられます。

そのため嘘をついて止める時は繰り返しますが、終始一貫嘘を貫き通してください。

8.退職届を必ず提出する

退職を伝える際、口頭で伝えるだけだと後に言った言わない問題になりトラブルとなる可能性があります。そのため、必ず退職届を会社に提出し、自身の辞める意思を形として証拠として残してください。

なお退職届を受け取ってもらえない場合、内容証明郵便で退職届を会社に郵送してください。

もしくは退職の意思を伝えたメールを直属の上司に送り、その配信履歴を自身で保存しておきましょう。電話で伝える際は、電話の内容を録音しながら、相手に退職を伝えてください。これも証拠になります。

どうしてもの際は退職代行に相談する

  • 退職を自分で切り出すのは難しい
  • でも、どうしても辞めたい

という方であれば労働組合が運営する退職代行サービスに相談して辞めてしまいましょう。

確実に退職が成立します。

退職代行はお手持ちのスマホから電話やLINE(メールでも可)か相談が可能。希望があれば相談したその日から代行業者が動き出してくれます。

代行業者が動き出した瞬間からあなたは職場に行くことも連絡する必要も無くなるので、早ければ相談した即日から会社に行かなくても良い状態になれます。

具体的には、

  • 確実に退職が成立する
  • 法律に則って退職処理するので法的なトラブルがない
  • 自分で対応する必要が無いので退職にまつわるストレスが無い

等があります。他にも、退職後のアフターフォローとして

  • 離職票や源泉徴収などの書類のやり取り
  • 退職後に会社から電話が来た時のサポート
  • 給与未払いが起きた際のサポート

などもありますので辞めやすい環境が整っています。

そのため、あなたが

  • 退職を自分で切り出すのは難しい
  • でも、どうしても辞めたい
  • 辞めた後もトラブルが無いように処理したい

という状況であれば労働組合が運営する退職代行サービスに相談して辞めてしまいましょう。

\即日退職が可能です/
労働組合が相談を受け付け!追加料金もありません




まとめ

「嘘」というとイメージが悪く感じますが、円滑に辞めることを目的とするなら必要に応じて正直に伝えないことも必要な選択肢と言えます。

正直に言う事でトラブルになったり、辞めにくくなる可能性があるくらいなら嘘を利用してでもスムーズに辞めることを優先した方が良いでしょう。

「嘘も方便」ということわざがあるように、いざという時の選択肢としては嘘も立派な退職の手段として活用してみてください。

この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま(内山智明)

新卒で入社したブラック企業で月の残業168時間、気合努力根性の精神論だけで詰められ、簡単に辞めさせてくれない毎日を過ごして退職するまでに苦労した経験がある。現在は株式会社BuildingBlockの代表となり、自身の経験を元に、会社を辞めたいのに辞められない・辞めると言い出しにくい人向けに退職や辞め方に関する情報発信を行う

うちやま(内山智明)をフォローする
退職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ