嫌な会社の辞め方と嫌な職場を辞める時の注意点を解説

すぐにできる会社の辞め方を解説しています。

早期退職方法即日退職方法に分かれますので、ご自身の辞めたい度合いやご状況に合わせてご参考になさってください。

なお、全て法に則ったやり方なのでご安心ください。

すぐできる嫌な会社の辞め方、早期退職の手順

1.法に則って辞める

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

民法により退職は労働者の権利として認められており、会社にはその権利を拒否できる力は無いので退職届を出して退職してしまいましょう。

なお、就業規則で退職は一ヶ月前~、などと記載されていても法律の方が優先されるので2週間で退職が可能です。

2.労働条件の相違

(労働条件の明示)
第十五条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。
② 前項の規定によつて明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。
③ 前項の場合、就業のために住居を変更した労働者が、契約解除の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

労働基準法 | e-Gov法令検索

労働条件が事前に聞かされていた内容と異なる場合、即座に契約の解除が可能です。

この場合は即日退職が可能になりますので、該当する可能性がある場合は入社時に渡された雇用契約書から労働条件を確認してみてください。

うちやま
うちやま

労働条件に相違があった際の退職についてより詳しくは以下の記事で解説していますので、ご参考になさってください。

3.双方の合意

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。

法第六百二十八条

原則として退職は民法に則り最短でも2週間を必要としますが、会社と労働者の双方が承認して「双方の合意」が成立した場合はその場ですぐに辞めることができます。

なお、双方合意は『病気や家族などのやむを得ない事情』が発生したときに成立されやすいです。

例えば、

  • けがをして仕事ができなくなった
  • 鬱や適応障害になり就業が難しい
  • 家族の介護のため

などが代表例として挙げられます。

会社側としても労働力として成立しない社員を長く留まらせることは不要なコストが発生して損をするだけなので、無理に引き止めることもありません。

うちやま
うちやま

双方の合意によるやむを得ない事由があって退職する際の考え方について詳しくは以下の記事もご参考になさってください。

4.有給消化(もしくは欠勤扱い)

退職日まで有給消化すれば実質即日退職と同じ状況を作ることが出来ます。

有給消化は法で定められた労働者の権利であり、会社は労働者の有給の権利は奪うことはできません。

第三十九条 使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

労働基準法第三十九条|e-Gov法令検索

有給は正社員やパート問わず

  • 雇い入れの日(正式に入社した日)から6ヶ月経過している
  • 期間の全労働日の8割以上出勤している

以上の条件を満たしていれば最低でも年間で10日の有給休暇を保有している、と法で定められています。

なお、それ以上の有給取得日数に関しては「退職で使える有給消化は最大で40日」をご参考になさってください。

原則として有給は労働者が希望したタイミングで有給を施行できます。

よって、有給がある方は退職の申し出をした際に「本日から有給休暇を取得して退職日まで消化させていただきます」と伝えれば退職日まで会社に行くことなく実質的な即日退職が成立します。

なお、会社にも時季変更権(有給スケジュールを会社が調整する権利)はありますが、これから退職する方へは時季変更権は適応されないので即日有給を消化することが可能です。

うちやま
うちやま

有給と退職の関係について詳しくは以下の記事もご参考になさってください。

5.診断書の用意(休職の利用)

病院で診断書を用意してもらい、働くことが出来ないことを証明できると「やむを得ない事由」と扱われるので退職や休職扱いが成立します。

休職してどうにかなる問題ではない場合は退職処理してもらいましょう。

休職扱いにする場合、休職は復職を前提に行われるため基本的には職場復帰が前提となります。ですが、休んでもどうしても回復しない・職場復帰が難しいとなったときはその旨を伝えて退職扱いにしてもらいましょう。

うちやま
うちやま

休職中に退職の電話を入れる流れに関して詳しくは以下の記事をご参考になさってください。

6.退職代行に相談する

  • 自分から退職を切り出せない
  • 双方の合意は認められない
  • 労働条件の相違もないし怪我などの理由も無い
  • でも、どうしても辞めたい

という時は労働組合が運営する退職代行サービスに依頼して辞めてしまいましょう。

なぜなら、確実に退職が成立するからです。

退職代行はお手持ちのスマホからLINE(電話、メールでも可)で申込み相談が可能、希望があれば即日から代行業者が動き出してくれます。

代行業者が動き出した瞬間から職場に行くことも連絡する必要も無くなるので、早ければ相談した即日から会社に行かなくても良い状態になれます。(=実質的な即日退職)

退職代行の具体的な利用メリットとして、

  • 確実に退職が成立する
  • 自分から退職を切り出す必要が無い(心理的に楽)
  • 法に基づいた退職処理のため法的なトラブルが起きない

などがあります。

また、希望者には退職後の転職サポートも行ってくれますので、あなたが代行サービスに支払う代金以上の利用メリットがあります。

そのため、もしあなたが

  • どうしても辞めたい
  • でも、自分から退職を切り出すのは難しい

という状況であれば労働組合が運営する退職代行サービスの活用をおすすめします。

※自分で辞めることができる人は相談する必要はありません
早朝・深夜でも可!24時間365日体制で労働組合が相談を受け付けてくれます



人格否定されたら退職の用意をしても良い理由

「パワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)」があるように、パワハラはれっきとした違法行為。

「人格否定」は明らかなパワーハラスメントに該当しますのでパワハラに対して退職を申し出ることは可能です。

また、パワハラを会社に伝えることで「やむを得ない事情」の一環として扱われれば双方合意のもとで即日退職も可能になります。

ハラスメントを受けている場合はハラスメントを理由に退職をすることは決して不可能ではありません。

辛いと思い我慢する必要は本来はありませんので、 「ハラスメントがツラくて辞めたい」と思っているなら行動してしまいましょう。

上司からの人格否定を理由に仕事を辞めたい人も多い

上司の人格を否定する言動と、仕事に興味を持てないことから、仕事を辞めたくてしかたありません。

上司の人格を否定する言動と、仕事に興味を持てないことから、仕事を辞め… – Yahoo!知恵袋

上司からの人格否定に我慢できず退職を希望する方は多くいます。

旧体制の会社だとこうした理不尽な言動で消耗することがあり、勤務し続けるのが嫌になります。

うちやま
うちやま

上司と喧嘩するレベルにまでなった時は以下の記事もご参考になさってください。

証拠を集めて立証する

ハラスメントで即日退職を認めさせるためには「パワハラの証拠」を集めてください。

  • ハラスメントを受けた際の音をボイスレコーダーで録音する
  • ハラスメントによって鬱や精神的なダメージを受けら医師に診断書を書いてもらう
  • 日々のパワハラの内容を日記やメモ帳に書き留めておく

などが証拠になります。

「ハラスメントかどうか?」を判断するのは難しい面もありますが、証拠を元に客観的に被害が立証出来れば即日退職は成立します。

診断書を用意して立証する

ハラスメントによる精神的な苦痛に対して心療内科に相談し、診断書を用意することでハラスメントの被害を立証し即日退職を成立させることも可能です。

うちやま
うちやま

精神的な苦痛で辞める際は以下の記事も合わせてご参考になさってください。

職場の人間関係を理由に仕事を辞めたいと感じる人は多い

厚生労働省「平成30年雇用動向調査結果の概要」によると、前職を辞めた理由として

  • 職場の人間関係が好ましくなかった

を挙げる方が多くいることがわかります。

また、若年者の退職理由ではその多くが「人間関係」「肉体的・精神的に健康を損ねた」などがあげられやすく、退職にも影響していると考えられます。

嫌な職場で我慢しすぎることはうつ病や適応障害などのリスクがあり、仕事だけでなくプライベートにも悪影響が及ぶ可能性もあります。

そのため、どうしてもの場合は退職を選択肢として用意しておきましょう。

会社を嫌な辞め方になった場合の注意点

退職するにあたり人格否定をされました。

退職するにあたり人格否定をされました。読んでいただきありがとうござ… – Yahoo!知恵袋

このように辞める際に「嫌な辞め方」になった場合ですが無視してください。

反応するとトラブルの原因になり兼ねません。

むかつく感情は一旦抑えていただき、相手に何か嫌味を言われたからと言ってもこちらから仕返しを考えないようにしましょう。

よって、自分が辞める時は周囲に出来る限り迷惑を掛けずに粛々と辞めてください。それが一番トラブルが少なく、且つ一番スムーズな退職となります。

退職理由の用意は要らない

辞める際に退職理由を聞かれたとしても法的には退職理由を伝える義務はありません。

よって、伝えずに辞めても問題はありませんし、どうしても場合は「一身上の都合」で押し通せば問題ありません。

うちやま
うちやま

精退職理由について詳しくは以下の記事をご参考になさってください。

引き継ぎと人手不足は気にする必要は無い

実は引継ぎには法的な義務はありません。

よって、引き継ぎをせずとも問題にはなりません。

引き継ぎはこれまでお世話になった会社への気持ちの問題になります。(あくまでマナーの一環にしか過ぎない)

退職時に職場と嫌な関係になってしまったのであれば、わざわざ引き継ぎまでする義理はありませんのでそのまま辞めてしまいましょう。

うちやま
うちやま

引継ぎに関して詳しくは以下の記事をご参考になさってください。

【注意】バックレによる退職だけは止めた方が良い

「バックレは良くない」という性善説を語りたいのではありません。

バックレによる退職は法的に認められていないので辞めたことに対して危険が伴うので止めた方が良いという話です。

バックレで即日辞めようとすると最悪の場合、会社側から以下の対応をされるリスクがあります。

  • 訴えられる
  • 懲戒解雇
  • 損害賠償
  • 何かしら理由をつけて職場に戻される

つまりバックレは退職行為に対するリターンとリスクを加味した際、リスクが大きすぎて帳尻が合わない行為と言えます。

辞めるなら法に則って確実に・安全に辞める。その上で、如何にしてすぐに辞めることが出来るのか?と考えて病めるようにしましょう。

仕事を辞めたいのは甘えじゃない

仕事を辞めたいと感じるのは決して甘えではありません。

必要以上に不条理な職場環境で我慢させられているのであれば原因は会社側であり、あなたが甘い・甘くないという話しではありません。

そもそも退職は労働者の権利でしかなく甘えとは別問題。辞めたいと感じた時に「甘い」などと言われてたとしても気にする必要は一切ありません。

退職代行の利用は甘えじゃない

退職代行利用して辞めることへ「甘え」と判断してくる方もいますが、こちらも誤解であり無視して良いです。

社員と会社、相互の関係性が良ければそもそも退職代行を利用してまで辞めようとすることはありません。つまり、退職代行を使わざるを得ないぐらいの職場環境を作った会社側が『異常』なんです。

会社は労働して賃金をいただく場であり、人に追い込まれる場ではありません。

すぐにできる仕事の辞め方は知っておくべき

すぐに退職できる方法をお伝えしてきましたが、何も退職を推奨しているわけではありません。

残って頑張れるならそれが一番だと思います。

ですが、明らかに不条理な環境で苦しんでいるなら話は別。

いざという時に職場から離れることが出来る逃げ道を理解しておかないと気持ちが追い詰められてしまい、うつ病や適応障害などご自身の身の安全に影響が出てきます。

そうはならないよう、いざという時にすぐにできる仕事の辞め方は知っておいてください。

この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま

株式会社BuildingBlockの代表。第08MS小隊のガンプラはけっこう作った。アレルギー性鼻炎もち。天パー。Web制作や集客対策とかもやってる。猫先生に仕事のデスクが取られた。

うちやまをフォローする
退職
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ