カッコいい!ガンダムのフリー素材が使えるよ >>

【第352話】看護師として仕事できないから辞めたいと悩んだときに確実に辞める方法

看護の職場を辞めたい方へのメッセージ

いま勤めている職場をどうしても辞めたいなら

我慢することなく退職届を出して辞めましょう。法に基づき最短で2週間で完全退職ができます。

なお、「自分から退職を切り出すのが難しい」という時は労働組合による退職代行サービスに相談して辞めるのは一番のおすすめ。

なぜなら、退職代行であればあなたは職場に行くことも連絡することもなく、確実に退職処理が成立するからです。

また、スマホでLINE(もしくはメール・電話)をするだけで相談した日から即日動き出してくれ、退職代行が動き出した瞬間あらあなたは職場に行かなくても良い状態になれます。

つまり、退職代行を利用すると「早く、確実に辞めたい」というあなたの希望を叶えてくれます。

具体的な退職代行の特徴として、

  • 確実に辞めることができる
  • すぐに職場に行かなくても良い状態になれる
  • あなたに代わって上司に退職の旨を伝えてくれる
  • 有給消化・未払い金・退職日の調整、なども代わりに交渉可能

などがありますので、あなたが退職代行に依頼費用を支払う以上の利用メリットを得ることが出来ます。

そのため、

  • 自分から退職を切りだすのが難しい
  • 簡単に辞めさせてくれない
  • でもどうしても今の職場は辞めたい

という方は、退職代行に相談することをおすすめします。

我慢し続けて憂鬱が続く毎日から解放されてください。

※自分で辞めることができる方は相談する必要はありません
早朝深夜でも可!24時間365日体制で労働組合が相談を受け付けています



看護師として仕事ができないので辞めたい

看護師を辞めたいと感じてる人は多い

など、看護師という職業を辞めたいと感じている方は多くいます。

理由は後述する「看護師を辞めたい理由は多岐に渡る」で詳しく解説しますが「仕事ができないことへの思い」「職場環境や人間関係」「金銭問題」「体力的な問題」などが多くを占めます。

特に新人の看護師ほど仕事ができないので辞めたいと感じている

入社してすぐに現場に携わることが多い看護業界は入って間もない新人さんほど大変な思いをすることが多く、これまで座学で学んだことだけではない「現場」に直面することで気持ちが消耗することも多いです。

看護師になんてならない方がいい、とふさぎ込んでしまうことも

あまりに大変な現場環境から「看護師になんてならない方がいい」とふさぎ込んでしまう方もいます。

理想と現実のギャップが強いのもこの業界の特徴一つと言えるでしょう。

看護師を辞めたい理由は多岐に渡る

仕事ができないので辞めたい

いざ現場に入ってみると思った以上にハードな環境であることに気付きます。 自分なりに頑張っているものの、現実では足を引っ張ることが多く意気消沈して仕事ができないことにストレスを感じることがあります。

看護師の中途採用組は放置されやすい

全くの新人さんとは違いある程度は放置されることが多い中途採用枠。プリセプターもなければ、オリエンテーションも無いレベルで放置されることもあり、職場で活躍できるか不安になることで辞めたがる人もいます。

職場の人間関係を理由に看護師を辞めたい人も多い

看護師の業界に限りませんが職場の人間関係が自分と合わずに辞めたがる人は多くいます。

特に周りの誰とも相談できない・力を借りることができない、というレベルになると孤立感もあって職場を辞めたくなりやすいです。

ミスばかりで看護師を辞めたいと感じる

自分のミスが患者さんの命に直結しているからこそ仕事のミスに対して人一倍神経質になるのが看護職。

ミスをしたくない、ミスばかり続く、などミスを気にして精神的に押しつぶされることもあります。

パワハラで新人は潰れやすい

職場には特有の「派閥」があり、新人さんは派閥の詳細を分かっていません。

それゆえに、知らずの内に派閥トラブルに巻き込まれてハラスメント対象になり心がすり減らされることがあります。

職場のいじめが退職理由になることも

パワハラと似たようなものですが職場内でのいじめも存在するため、いじめに耐え切れずに退職したくなることも他多々あります。

看護師は忙しすぎる

看護現場の忙しさは強烈です。忙しすぎて耐えきれず辞めたくなる方もいます。

ブラック病院に嫌気がさして辞めたい

忙しさ、ハラスメント、いじめ、人間関係、金銭的な理由など、トータルで厳しい職場も多く「ブラック病院」が勤務先になると耐え切れず辞めたくなることも。

職場を辞める方法と注意点

退職は民法第627条で定められている労働者の権利

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

労働者の退職に関する法律は民法第627条で定められており、会社や病院には労働者の退職を拒否する強制力はありません。

退職に対して後ろめたさを感じる方は多いですが、退職は法で定められた労働者の権利

そのため、どうしてもの場合は後ろめたさを感じることなく辞めて問題ありません。

【注意】バックレだけはしない方が良い理由

バックレによる退職は法的にはもちろん、就業規則的にも反した行為となるため、万が一勤務先から訴えられたら高い確率で負けてしまいます。

損害賠償、嫌がらせ、などご自身のプライベートに悪影響が及ぶ可能性もあるため、ご自身の身の安全や今後の人生設計を考えるのならトラブルが起こらない合法的な辞め方に徹した方が良いです。

合法的に辞めることで争われれるリスクもなく、退職も確実に成立させることができます。

どうしてものときは労働組合による退職代行サービスに相談する

  • どうしても自分から退職を切り出すことが出来ない
  • 上長が苦手で退職を伝えるのが怖い
  • 辞めたいのに辞めさせてくれない
  • でも、どうしても辞めたい

という時は「労働組合が運営する退職代行サービス」に相談して辞めてしまいましょう。

お手持ちのスマホからLINE(電話、メールでも可)で申込み相談し、希望があれば即日から代行業者が動き出してくれます。

代行業者が動き出した瞬間から職場に行くことも連絡する必要も無くなるので、早ければ相談した即日から会社に行かなくても良くなります。

具体的には、

  • 確実に退職できる
  • 自分から退職を切り出さなくて良いので心理的に楽
  • 法律に則って交渉するのでトラブルなく確実に退職できる

など、あなたが代行サービスに支払う代金以上の利用メリットがあります。

もしあなたが

  • 辞めたいけど言い出しにくい
  • 辞めさせてくれなくて困っている
  • お局と顔を合わせずに辞めたい
  • トラブル無くすぐにでも辞めたい

等の場合は迷わず労働組合が運営する退職代行サービスを利用することをおすすめします。

※どうしてもの方だけが相談してください
ストレスなく、確実に退職を成立させることが出来ます



看護師特有のストレスでどうしても辞めたいと感じたら無理に我慢してはいけない

看護師業界は現場がハード(仕事だけでなく人間関係なども含めて)なため、気持ちの消耗度合いが激しい業界です。

我慢し続けるとご自身がボロボロになってしまいますので、どうしてもの時は辞めるという自己防衛手段も選択肢に用意しておいてくださいね。

どうしても今の職場を離れたい方へ

→ 労働組合による退職代行サービス「SARABA」 詳細はこちら



この機体の開発者
スミ入れがんばる
うちやま

株式会社BuildingBlockの代表。第08MS小隊のガンプラはけっこう作った。アレルギー性鼻炎もち。天パー。Web制作や集客対策とかもやってる。猫先生に仕事のデスクが取られた。

うちやまをフォローする
退職
\ 別部隊の仲間たちにも伝える /
びるぶろ